尖閣諸島問題めぐり日中代表が激しい応酬 安保国際シンポジウムで討論会

ざっくり言うと

  • ドイツで13日に開かれた討論会で日中代表が激しく応酬した
  • 黄川田仁志外務政務官は中国の人工島建設を「容認できない」と批判
  • 傅瑩主任委員は日本の尖閣諸島の国有化が「一方的」だったと反論した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング