インフルエンザ患者数が初の警報レベル 昨季より3週間遅く感染が拡大

ざっくり言うと

  • 厚労省は15日、インフルエンザ患者数が今季初の警報レベルになったと発表
  • 1〜7日の1週間で1医療機関あたり34.66人となり、警報レベルの30人を超えた
  • 昨季より3週間遅いが急速に拡大しており、専門家は注意を呼びかけている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング