日本の経済低迷は、国民の睡眠不足も原因の1つ? 台湾メディア・中国時報電子版は13日、労働者の睡眠不足により経済成長が大きく鈍るとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本の経済低迷は、国民の睡眠不足も原因の1つ? 台湾メディア・中国時報電子版は13日、労働者の睡眠不足により経済成長が大きく鈍るとする記事を掲載した。

 記事は、オーストラリアで2004年に2010万人を対象に行われた研究で、睡眠不足による経済損失がGDPの約0.8%に及ぶことが判明し、睡眠不足がコストになることが明らかに示されたと説明。そのうえで、経済協力開発機構(OECD)や世界銀行による14年の各国における平均睡眠時間データを紹介した。

 そのなかで、14年に7.3%のGDP成長を記録したインドは平均睡眠時間が520分、7.4%増だった中国は544分といずれも8時間を超えたのに対し、-0.1%のマイナス成長となった日本は456分に留まったと伝えた。

 また、米ハーバード大学の研究では睡眠不足によって「出勤はしているものの、作業効率が通常よりも低い」という「仮性出勤」の状況が発生し、毎年米国経済に632億米ドルの損失をもたらしていると指摘されたことなどを紹介。とくに知識集約型の従業員について、会社の管理層は睡眠不足によってもたらされるコストの問題について考慮すべきであるとの専門家の意見を伝えている。

 記事は、韓国について睡眠時間が日本より6分多いだけであるにもかかわらず、GDP成長率はプラス3.3%だったことも併せて紹介しており、睡眠時間とGDP成長率が必ずしも正比例はしないことを示唆している。とはいえ、睡眠不足により頭が冴えず、なんとなく1日が過ぎてしまうということは誰しも経験があるはず。作業効率が下がり、それが経済的な損失を生む可能性があることは想像に難くない。

 睡眠不足は生産性を下げるのみならず、健康にとってもリスクになる。かといって、寝すぎも健康を損なうという話もある。なんとかして適切な睡眠時間を確保したいところだが……。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)