14日、韓国の元フィギュアスケート選手、キム・ヨナがノルウェー・リレハンメルで開催中の冬季ユース五輪会場を訪問した。写真はソチ五輪に出場したキム・ヨナ。

写真拡大

2016年2月14日、韓国の元フィギュアスケート選手、キム・ヨナがノルウェー・リレハンメルで開催中の冬季ユース五輪会場を訪問し、記者からのインタビューに対して「現時点で復帰の計画はない」との考えを語った。15日付で新華社が伝えた。

キム・ヨナは2014年2月のソチ五輪で銀メダルに輝いた後、競技生活から引退。現在は大学院で学業を続ける傍ら、平昌五輪の広報大使、ユニセフ親善大使などとして活動している。

今回、冬季ユース五輪の親善大使として会場に姿を見せたキム・ヨナは、引退後の生活について「それほど忙しい毎日ではない。韓国フィギュアの発展のために自分のできる努力を続けている」と語り「復帰の予定はない」とコメント。最近は「指導の仕事を始めた」と説明し、「コーチになるつもりもクラブを開く計画もないが、自分が学んできたことを若い世代に伝えたい。彼らが(上達への)近道を進めるよう手伝いたい」との考えを示した。(翻訳・編集/野谷)