色を感知して背景に溶け込む「カメレオン・ロボット」(動画あり)

写真拡大

「プラズモニック・ディスプレイ」により周囲の色を感知して背景に溶け込む「カメレオン・ロボット」を動画で紹介する。

中国の武漢大学のエンジニアたちによって制作されたこのロボットは、プラズモニック・ディスプレイに覆われており、周囲のを感知して背景に素早く溶け込むことができる。

「色を感知して背景に溶け込む「カメレオン・ロボット」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

プラズモニック・ディスプレイ(日本語版記事)とは、ナノスケール構造と電界との相互作用を利用して色彩をつくりだすディスプレイのことだ。

「ACS NANO」に掲載された論文の中で、研究者たちは、「このバイオミミック技術で重要な点は、広範な反射帯域で電子的に制御された動作を実現するということだ。それはある程度、既存の『電子ペーパー(e-paper)』や『電子化学(e-chem)』ディスプレイ方式の一部で実現できる可能性がある」と述べている。

いまのところ、このカメレオン・ロボットが機能するのは、赤、緑、青の背景だけなので、「隠れ身の術」を操るロボットが誕生したわけではない。しかし、技術的にさらに進んだ検知システムを使用すれば、「すべての色彩パターン」に対応でき、最終的に「周囲の環境に完全に溶け込むカメレオン・ロボット」を実現できる可能性があるという。

TAG

ChameleonColorPlasmonicDisplayRobotVideoWIRED UK