松岡修造氏

写真拡大 (全2枚)

 元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏が、男子テニスのメンフィス・オープンで大会史上初の4連覇を成し遂げた錦織圭選手の偉業を称えた。

 錦織は現地時間14日に米テネシー州メンフィスで行われたシングル決勝でテイラー・フリッツ選手を下し、4連覇を達成した。

 松岡氏は15日にブログを更新し、エルビス・プレスリーが育った場所としても有名なメンフィスで偉業を成し遂げた錦織を「エルヴィス・圭!」と呼んで喜んだ。

 次に控える国別対抗戦・デニスカップに向け、「お父さんになったばかりのマレー選手と一騎打ちだ!」と早くもエンジンを掛けた松岡氏。さらに「あとは世界王者ジョコビッチを倒すことだ!」と錦織に期待を寄せた。そして最後に、「4連覇、おめでとう圭!ありがとう圭!ラブミーテンダー♪ ラブミー 圭♪」と歌ってブログを結んだ。