スズキのインド子会社マルチ・スズキ社は、インド向け新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を発表しました。

この「ビターラ ブレッツァ」は2月3日からインドデリー近郊ウッタルプラデシュ州グレーターノイダで開催されているオートエキスポ2016で発表されました。

「ビターラ ブレッツァ」は、16インチホイールを収めた特徴的な四角張ったホイールアーチが目立つSUVらしいエクステリアに仕上がっています。

2トーンルーフ仕様車を含む9パターンの豊富な車体色が設定されています。スマートフォン連携ディスプレイ、クルーズコントロール、バックカメラなどの快適装備も充実しています。

155b

パワートレインは、1.3Lディーゼルエンジン・2WD・MTで最高出力66kW/4,000rpm、最大トルク200Nm/1,750rpmを発揮します。車体サイズは、全長3,995mm×全幅1,790mm×全高1,640mm。

2月3日に行われた記者発表会で、スズキの鈴木俊宏社長は「インド市場は最も重要な戦略的市場・生産拠点であり、その重要性は今後さらに増していく。「ビターラ ブレッツァ」はインドのお客様の好みや価値観をより重視して開発した。スズキとマルチ・スズキ社は「チームスズキ」として、インド社会へ貢献できるよう革新と進化への挑戦を続けていく。」とスズキのインド市場重視の姿勢を力説しました。

「ビターラ ブレッツァ」はマルチ・スズキ社のグルガオン工場で生産され、インド国内で販売される予定で、トヨタとの協業が報道されているスズキにとって重要なインド市場の動向が注目されます。

(山内 博・画像:スズキ)

スズキ、インド向け新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を発表(http://clicccar.com/2016/02/15/353453/)