13日、ハプニングに冷静に対応した中国中央テレビの女性アナウンサーに注目が集まっている。

写真拡大

2016年2月13日、ハプニングに冷静に対応した中国中央テレビ(CCTV)の女性アナウンサーに注目が集まっている。

女性アナウンサーの王茫茫(ワン・マンマン)さんは、先日、CCTVの英語放送の冒頭で歩きながら画面に登場した際、右足のハイヒールが脱げ、2メートルほど前方に転がってしまった。しかし、王さんはハイヒールを拾いに行くことなく、何事もなかったかのようにそのままカメラに向かい続けた。

この王さんの対応に、中国のネットユーザーからは、「さすがだな」「彼女のプロ根性に拍手!」といった称賛の声がある一方、「別に大したことない。当然の反応」「こうするしかないだろ。取りに行くわけにもいかないし」といった冷静な意見も少なくない。また、「長年やってきて、ハイヒールで有名になるなんて夢にも思わなかっただろうな」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)