13日、環球時報によると、中国上海市のデパートに出現した巨大滑り台が注目を集めている。

写真拡大

2016年2月13日、環球時報によると、中国上海市のデパートに出現した巨大滑り台が注目を集めている。

【その他の写真】

この巨大滑り台があるのは上海巴黎春天浦建店。最上階から一気に1階まで滑り降りることができるという。まだ営業はされていないようで、滑り台の入り口には「まもなく登場。期待していてください」と書かれている。

しかし、これを見たネットユーザーからは、「頭の中に“事故”の二文字が…」「中に釘が残されていたりしないか。もしくはワイヤーが出ていて首にひっかかるとか。考えただけで怖ろしい」「楽しそうだけど、安全性は高くない」といった声が数多く寄せられている。

中国では手抜き工事による事故が頻繁に起きており、そうした不安感がコメントに現れていると言える。(翻訳・編集/北田)