第一弾も好評だった「女性目線のコンパニオンファッションチェック」。

第二弾もさちえさんに衣装の見所をバッチリ解説してもらいましょう!

001

まずは小倉クラッチ。

024 009

さちえさんのコメント

ライダース風のジャケットが非常にスマートでスポーティな印象を与える小倉クラッチ。パンツスタイルはもちろんのこと、ミニスカートもとても軽やかです。そしてインフォメーションスタイルは一転して、落ち着きと華がある正統派な白のスーツがカッコイイ。雰囲気の使い分けるレベルの高さに注目です

 

ダンロップ

025

026

さちえさんのコメント

なにやら異様に目をひく斜めのラインの組み合わせ。太ももから膝にかけての大胆な黒のシースルーは大人の魅力満載でドキドキしてしまいます

 

ブリヂストン

027

さちえさんのコメント

素材が少し変わったワンピースは黒の質感にグイグイ引き寄せられてしまいます。少しウエストが高めに設定してあるのか、上半身が美しく際立っていました。ブリジストンの白いロゴがなんとも言えないアクセントになっていて、全体的にかなりバランスがよいデザインです。

 

Advanti Racing

029

028

さちえさんのコメント

一見シンプルに見え実は手の込んだ一味が利いた衣装です。襟の切り替えは大変いい仕事をしていると思います。目線が上に上がるので、胸周りが非常にキレイにまとまっていてドッキリとする感じ

 

RED SPEED

030

031

さちえさんのコメント

少しラフなスタイルで若々しい印象が際立つRED SPEED。袖部分に並んだメーカーロゴがとても可愛く、ふんわりしたいわゆる、ゆるカワ系の衣装でしょうか?スカーフとスカートの淡いオレンジがこれまたふんわりキュートです

 

NGK

032

104 105

さちえさんのコメント

今回はあまり目にしなかった、レースクーンと聞いて真っ先に思い浮かべるような、攻撃的なグイグイ来る衣装です。赤と黒のコントラスト艶とテカリの使い分けなど、男性の夢が詰まったような衣装に見えます。元気でセクシーまさに理想です!

 

brado

033

034

さちえさんのコメント

ついに来ました、永遠の憧れ、女豹のような全身スーツのお出ましです。スタイルがよくなければ着こなせない、飾りなど一切不要のその存在感。例のセーターを思わせる開いた胸元がまたグッド。脚の編上げ仕様が珍しいので全身くまなくチェックしたいです

 

DIXCEL

035

036

さちえさんのコメント

アイドルっぽさがあふれた可愛らしいポップなデザイン。原色の赤を使っているのに、パステルカラーのような軽さがあります。色のバランスと素材のチョイスにセンスが光る愛らしいデザインです

 

はろーすぺしゃる

037

038

さちえさんのコメント

皆さん夜露死苦!と思わず言いたくなる気合の入った特攻仕様。やはりオートサロンはこれ系が無いと始まりません。刺繡と書き文字のバランスも素晴らしくポーズもかなり気合が入ってます。元気が出る衣装です

 

ROHANA

039

さちえさんのコメント

おう、ナイスバディ!なんというか、抜群のスタイルで抜群の衣装を着てみました!そういう衣装です。こういう衣装には憧れますが似合う人は少数派。見かけたらぜひとも目に焼き付けるべきでしょう

 

YOKOMO

042

さちえさんのコメント

これも可愛らしいデザインですね。可愛らしさも種類があるということを、まざまざと見せ付けてくれる衣装です。少しカジュアルなデザインとはっきりとしたイエローが新鮮で鮮烈。記憶に残りやすいインパクトがありますね

 

日野自動車

040

041

さちえさんのコメント

コスプレちっくなコンセプト衣装は目に楽しくてとても華やか。幅広い年齢層に好感度が高くお子さんが喜びそう。こんな可愛いミツバチが働いてくれるなら誰も文句は無いでしょう

 

Cellstar

043

さちえさんのコメント

ドキッとしてしまうローウエストワンピースの超ミニ、スリットありです。上半身は控えめな為さらに下半身の主張にドキドキしてしまいます。首もとのメーカーロゴも目を引きます

 

フォルクスワーゲン

048

049

さちえさんのコメント

太いベルトとキリッと締まったホットパンツのバランスが取れた衣装です。シンプルではっきりしたデザインなので赤が非常に映えています。すっきりとしたシルエットも美しい

 

ZEONICTOYOTA

044

045

さちえさんのコメント

おなじみのジオニックトヨタですね。これ写真ではよく見えませんが、オーバーニーがすごく可愛いです。ジオニックトヨタのゴールドの刺繡が入っているんですよ!ベルトのバックル、そして右脇と本当に力の入ったデザインです

 

やはり女性目線でコンパニオン衣装を見てもらうと印象が違いますね。サーキットやイベント会場でこういった目線で衣装を見てみると、コンパニオンさんが見てもらいたいポイントがよく解かるような気がします。

女性目線をうかがってから改めてコンパニオンさんたちの衣装を見てみると、パーツメーカーやチューナーは元気なイメージ、タイヤメーカーや自動車メーカーは清楚な感じやオシャレ系を目指しているように思えます。

というわけで次回の第三弾では、スペシャルなあのコンパニオンさんたちの衣装を、さちえさんにチェックしてもらいます!

(写真・まとめ:松永和浩)

003001002009024025026027028029030031032033034035036037038039040041042043044045046047048049104105

【関連記事】

【東京オートサロン2016】女性目線のコンパニオンファッションチェック・その1
http://clicccar.com/?p=352024

【東京オートサロン2016】今年もセパレートルックが流行中?女性目線のコンパニオンファッションチェック・その2(http://clicccar.com/2016/02/14/352538/)