プロダクトではなくエコシステムを売る:コペンハーゲンから始まるヘッドホンの未来

写真拡大

どんなに高性能なヘッドホンでもいつかは壊れる…。「TMA-2 Modular」はデンマークのスタートアップが開発した、すべてのパーツが取り換え可能なヘッドホンだ。本誌VOL.21「音楽の学校」特集内に掲載のCEO独占インタヴュー、その増補版を掲載。

「プロダクトではなくエコシステムを売る:コペンハーゲンから始まるヘッドホンの未来」の写真・リンク付きの記事はこちら

『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」
Amazonで購入する>>

ビジネス主導で構想される「ものづくり」は、なぜつまらないのか? それは、遊び心が足りないからだ! クリエイティヴマインドに満ちたアントレプレナーが生み出す、オーディオ・スタートアップと、楽しいガジェットを御紹介。
特集の詳しい内容はこちら。

「ヘッドホン」という概念がそのまま形をもって出現したようなシンプルなデザインのヘッドホン。それがデンマークに拠点をもつAIAIAIの「TMA-2 Modular」だ。イヤーパットやケーブルはもちろん、ヘッドバンドからサウンドユニットまで、すべてのパーツが交換・カスタマイズが可能で、その組み合わせは360通りにのぼる。

その製品のアイコニックなデザインとは裏腹に、CEOのフレデリック・ヨーエンセンは「ヘッドホン」を売るビジネスをしているのではない。

まず、AIAIAIのサイトを訪れてみてほしい。普段どんな音楽を聴いているのか、どんな用途でヘッドホンを使うのか、そしてどんなアーティストが好きなのか、あなたは選ぶことになる。そうすれば、このサイトが360通りのなかから最適なパーツの組み合わせを教えてくれる。

インピーダンスや再生周波数帯域といった、ユーザーの大半が気にしていないし、わからないスペックを、他の商品と比べながら吟味する必要はない。オーディオ機器の購入体験におけるイノヴェイションがここにはある。

注文をして届けられた商品の箱を開けてみる。そこには、それぞれパッケージングされたパーツが並んでいる。自らの手で組み立てなければヘッドホンとしては機能しない。それがTMA-2 Modularの「モジュラー」たるゆえんだ。

つまりユーザーはヘッドホンではなくモジュラー、つまりパーツのセットを購入する。もしどこかが壊れてもパーツ単位で買い直せばいいし、急にヘッドホンの用途が変われば(サイトでは「EVERYDAY USE」「ON THE GO」「IN THE STUDIO」などの用途が示されている)それに適したパーツを買い足せばよいのだ。TMA-2 Modularという商品の本質は、そのエコシステムにあるのである。

組み立てられてヘッドホンになったTMA-2 Modular。PHOTOGRAPH BY THOMAS ANDERSEN

もともと、コペンハーゲンの人がいないアパートで友人とクラブを運営していたのだと、フレデリック・ヨーエンセンは自らが立ち上げたAIAIAIの始まりを教えてくれた。運営は順調でたくさんのDJやデザイナーが集まる場所となっていたが、アパートの再開発が決まり立ち退かざるをえなくなる。そのときに思いついたのがヘッドホンだった。

いまや高級ヘッドホンの代名詞となったBeatsの創業は2008年のこと。その2年前に彼らが創業した当時、モダンにデザインされたヘッドホンなどどこにもなかったと、フレデリックは言う。

もともとビジネススクールに通っていたフレデリックはもちろん、創業チームにはヘッドホンをつくるために必要な知識をもっている人間は1人もいなかった。そして、クラブのオーナー時代につながりが生まれたDJやサウンドクリエイターにヒアリングを繰り返し、本当に必要なヘッドホンの要素を探る日々が続くことになった。

そんな試行錯誤の結果生み出されたTMA-1はそのデザインと、アーティストを満足させるサウンドで人々に衝撃を与えた。そして昨年発売されたTMA-2 Modularは、デザインこそ大きく変わっていないが、先述のように根本的に新しい商品だ。

ヘッドホンの「モジュラー」化を進めるためには、ゼロから社内の態勢を整えなければならなかったとフレデリックは言う。生産システム、WEBサイト、物流、カスタマーサポート、それらの1つひとつがエコシステムをかたちづくっているのだ。

ぼくらは家電量販店や、オーディオ専門店でヘッドホンを購入することに慣れ親しんでいるが、TMA-2 Modularを生み出した理由をフレデリックはこう教えてくれた。

「新商品はほんの一部だけ新しくなっただけだとか、パーツが少し壊れたから新品を買わないといけないなんてバカげてる。物を大切にするスカンディナヴィア流のやり方で、ヘッドホンをつくりなおしたかったんだ。音楽が大好きだからね」

1つひとつが密閉されているTMA-2 Modularのパーツ。開封するところからデザインされている。PHOTOGRAPH BY TOHRU YUASA

TAG

AudioGadgetHeadphoneMusicVol. 21WIRED JAPAN