13日、米アクション映画「トリプルX」シリーズの3作目で、アクションスターのジェット・リーが降板し、ドニー・イェンが出演することになった。写真はドニー・イェン。

写真拡大

2016年2月13日、米アクション映画「トリプルX」シリーズの3作目で、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が降板し、代わってドニー・イェン(甄子丹)が出演することになった。時光網が伝えた。

【その他の写真】

「ワイルド・スピード」シリーズなどで知られる俳優、ヴィン・ディーゼルの主演作。第1作は02年に公開され、3作目となる「xXx:TheReturnofXanderCage(原題)」は、昨年末にクランクイン。現在、カナダのトロントで撮影が続いている。

同作ではジェット・リーおよび、タイのアクション俳優トニー・ジャー、韓国の人気ユニットEXOの元華人メンバーであるクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)の出演が報道されていた。しかしこのほど、ジェット・リーが降板することが明らかに。ヴィン・ディーゼルはフェイスブック上で、ドニー・イェン(甄子丹)の新たな加入を明かしている。

ジェット・リーの降板について、その理由は明らかになっていない。しかしここ数年、バセドウ病との闘いがよく知られているため、ファンからは「病気が原因ではないか?」と心配する声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)