13日放送の「ヤーヌス」(テレビ朝日系)で、CIAの採用試験を受けた経歴を持つお笑いコンビ・セクシーチョコレートのREINAが、CIAの給料を明かした。

番組では、「お笑い芸人なのに…CIAの採用試験を受けた女の話」と題し、REINAが登場した。

超エリート過ぎる経歴を持つ彼女は、アメリカで生まれ育ち、18歳のときに超名門ブラウン大学に入学した。在学中、クリントン元大統領の財団でインターンを経験し、その後、CIAの採用試験を受けたのだとか。

しかし、同時にハーバード大学と東京大学の大学院にも合格し、3つの選択肢の中から選んだのはハーバード。そして数年後の2013年、華麗なキャリアを捨て、お笑い芸人になったという。

そんな彼女がCIAの採用試験や施設、恋愛事情について解説した。一通りの話を聞いた後、司会の夏目三久が「あの…もう1個だけ!」と懇願して、「CIA局員の方のお給料は、どれくらいなんですか?」と質問した。

REINAは「実際に、私が提示された初任給は(年収で)800万円ほどだった」と明かした。ピエール瀧は「高額ですよね」と感想をもらしたが、REINAによると、彼女と同じ大学出身者に比べると低めだという。そして芸人となった現在、彼女の月収3000円となったそうだ。

【関連記事】
地下アイドルが自ら会社経営 「ぼったくり物販」で年収500万円
高級魚「マダラ」でボロ儲け 漁師の年収が明らかに
田嶋陽子氏、エボラ出血熱の流行について米CIAの陰謀説を唱える