米沢牛厚切りステーキ弁当

写真拡大

今年はうるう年。2月29日は4年ぶりの29(にく)の日がやってきます。

大丸東京店(東京都千代田区)では、29の日をもっと楽しむ「肉の祭典」が開催されます。4年に1度しか訪れない特別な日、ふだん味わえない希少な肉を集めたお弁当や人気食材食べ比べ弁当など、目移りするお弁当が約50種そろいます。

なかでも記者注目は以下の3つ。

大地と海の素材を食べ比べ

味の梅ばちの「米沢牛厚切りステーキ弁当」(4320円)は、米沢牛の希少部位イチボ・トモサンカクの厚切りステーキが詰まったお弁当。各日5つの限定です。少々お高めですが、希少部位のお肉は見逃せません!

人気洋食屋の洋食や 三代目 たいめいけんも参戦。「アンガスサーロイン弁当」(3500円)は、アンガス牛のサーロインがあの名物オムライスと一緒に入っています。ボリュームもあって食べごたえ十分。ガッツリいきたいお弁当です。

創作鮨処 タキモトの「牛肉のやわらか煮とネギトロ弁当」(1512円)は、やわらかな牛肉&たっぷりネギトロが一面に詰まった弁当箱。大地と海の素材を食べ比べできます。

ほかにも肉尽くしのお弁当・グルメはいっぱい。

会場の地階ほっぺタウン。期間は2016年2月17日〜29日です。