マモリーノ・ウォッチは3色展開

写真拡大

KDDIと沖縄セルラーは、auの携帯電話「mamorino Watch(マモリーノ・ウォッチ)」を2016年3月下旬に発売する。10年に販売を開始したmamorinoシリーズの4代目で、体に装着できるウェアラブル――腕時計型を採用した。キッズウォッチに音声通話機能を搭載したのは国内初だ。価格は未定。

鳴動とともに音声発信や居場所を保護者に知らせる「防犯ブザー」や、一定の距離以上離れると保護者のスマートフォン/4G LTEケータイのアラームが鳴る「はなれたらアラーム」を搭載し、防犯ツールとしての機能が光る。

子どもでも直感で操作できるインタフェース

防犯ブザーは従来のマモリーノから進化して、各種機能の設定オン・オフが可能となった。例えば、ブザー音は鳴らさずに音声発信だけを行うようできる。子どもの居場所をいつでも確認できる「安心ナビ」は前モデルに引き続き対応している。

基本機能は通話・SMS(ショートメッセージサービス)・GPSに絞られている一方で、直感で操作できるよう使い勝手は洗練されている。ディスプレイを2回タッチすると画面上にキャラクターが表示されて、音声で操作を受け付けるモードになる。

連続通話時間は約170分(VoLTE)、連続待受時間は約130時間(4G LTE)。サイズは約51(横)×51(縦)×16.7(厚さ)mm(最厚部17.4)、重さは約68g。子どもの腕に大きすぎるときなど、ペンダント型に変更してカバンやランドセルに付けることも可能だ。元気活発な子どもが毎日使うことを想定して、防水・防塵・耐衝撃対応なのも心強い。

マモリーノ・ウォッチの発売に併せて、専用の料金プログラム「mamorino Watchプラン」も始まる。月額基本使用料は998円(税抜)で、家族間であれば通話とSMSが24時間無料で使える。家族以外のau携帯電話宛の通話も1時〜21時は無料だ。