レスリー・マン、『ザ・コメディアン』に出演決定!

写真拡大

ジェニファー・アニストンの『ザ・コメディアン』降板が決まったためにレスリー・マンがその役を引き継ぐことになった。

ニューヨークで撮影がスタート

ジェニファーはスケジュールの影響で今回、降板せざるを得なくなってしまったのだという。ある関係者はザ・ラップに対し「製作チームのスケジュール調整が上手くいかず、ジェニファーは撮影に参加することが難しくなったんですよ」とコメントしている。

同作品にはロバート・デ・ニーロの出演も決まっており、口が悪く周りの人達をイライラさせるような毒舌を得意とするコメディアンとして活動しながらも、自分の人生における優先順位を正そうと模索する男を演じるようだ。

一方のレスリーはロバート演じる男性とある結婚式で知り合い、徐々に関係を深めていく女性という役どころだ。

アート・リンソンとジェフリー・ロスが脚本を手掛け、テイラー・ハックフォード監督がメガホンを取る同作品はニューヨークで撮影がスタートする予定だ。

同作品のプロデューサーを務めるコートニー・ソロモンはレスリーについて「コメディーにドラマを吹き込むためのレスリー・マンの欠点のないタイミングと能力は、この作品に最適です」とコメントしている。

そんなレスリーはダコタ・ジョンソン、レベル・ウィルソンらと共に新作映画『ハウ・トゥ・ビー・シングル』に出演しており、一方でジェニファーはタイ・シェリダン、アルデン・エーレンライク、ジャック・ヒューストンらと『ザ・イエロー・バーズ』に出演する。

Written&Photo by bangshowbiaz