ユーベとの首位攻防戦で敗戦のナポリ、インシーニェは「自分たちのスタイルを貫いて戦えた」

写真拡大

▽ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、13日に行われたユベントスとの首位攻防戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ナポリは13日、セリエA第25節で、勝ち点2差で迫るユベントスとの首位攻防戦に臨んだ。ユベントス・スタジアムで行われた一戦は拮抗した展開の中、88分にイタリア代表FWシモーネ・ザザのミドルシュートが決まり、ユベントスが1-0で勝利。敗れたナポリは2位に転落した。

▽試合後、インタビューに応じたインシーニェは「自分たちのスタイルを貫いて戦えた」とコメント。試合内容に関しては満足感を示している。

「完全アウェイの中で、僕たちは自分たちのキャラクターを示して戦い抜いた。自分たちのスタイルを貫くことができたと思っている。今日の試合は、全体的に上手く戦えていた。残念なことにゴールだけが遠かったね」

「これでユーベが1ポイント先に行ってしまった。でも相手のことは気にせずに自分たちの戦いに集中する必要がある。みんな穏やかだよ。シーズンの最後にどの順位にいるかが大事なんだ。首位から陥落してファンには申し訳なく思っている。それでも、今までどおりに応援して欲しい」