福島県で採取したセシウム ガラスの中に溶け込んだ構造

ざっくり言うと

  • 東大の小暮敏博准教授らのチームが福島で採取した放射性の微粒子を分析した
  • ガラスの中にセシウムが溶け込んだ構造であることが分かったと発表
  • 微粒子は原発の内部にあった物質が高温状態で混じってできたものとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング