バスの座席に設置されている充電用のUSBポート(写真出典:レシップホールディングス)。

写真拡大

近年、バス車内でも携帯端末を想定した充電設備が普及し始めています。特にUSBタイプは今後、広く導入されていくかもしれません。コンセントタイプより、「バス車内」という環境に適していると考えられるからです。

色々なものを接続できる、のはデメリット?

 近年、スマートフォンやタブレットの普及に伴って、バス車内でも携帯端末の使用機会が増えています。充電の需要も大きくなっており、座席に充電設備を設置しサービス向上を図る事業者も増えてきました。

 ただそうした充電設備として、コンセントが用意されている場合と、USBポートが用意されている場合があります。コンセントは様々な充電機器を使用できる、USBはケーブルだけで充電できるといったメリットがありますが、実はそれ以外にも違いがあるようです。

 そうした機器の開発に関わっているレシップホールディングスは、次のように話します。

「コンセントでは1.5kVA程度のインバータを使い、直流を交流に変換して、各コンセントへ電気を供給しなくてはなりません。また交流は直流と比べノイズの心配があります。そして家庭と同じコンセントでは高負荷の機器を接続されてしまう可能性がありますが、USBであればその心配を回避できる、というメリットがあります」

 コンセントが設置されていれば、家庭内で使用している電化製品はひと通り使えると思うかもしれませんが、安全性や電気の容量的に使える機器は限られています。もちろん「マナー」の問題もあります。そのため、バス車内に搭載する充電設備はUSBポートで充分であり、そのほうがむしろ適している、という考え方もできるのです。

 先出のレシップホールディングスは今後、観光バスや高速バス、路線バスでこうした充電設備の普及が進むと見込んでいるとのこと。「バス座席にUSB」が当たり前の時代が近い将来、やって来るかもしれません。