手島優も初体験!塩パンの味わいが奥深すぎる

写真拡大

 パンの中でもシンプルでありながら、絶大なファンを持つ「塩パン」。愛媛県の「パン・メゾン」というベーカリーが生んだもので、テレビやメディアで紹介されてから各所で「塩パン」を見かけるようになりました。

 タレントの手島優さんも、公式ブログの中で塩パンを初めて食べた感想を投稿。「外はカリッ、中はふわっとで美味しかった」と感激のコメントを綴っています。

 元祖「塩パン」は、中にバターが練りこまれ、パンの上には岩塩がちりばめられているシンプルなもの。けれど、カリッとした食感ともちもち感、塩のほどよいしょっぱさなど、一つのパンでいくつもの味わいを持つ、実に深みのあるパンなのです。

 その塩パンを割ると不思議な空洞があらわになります。これは、中に練りこまれたバターが焼いているうちに溶け出し、パンの外に染み出た結果。このバターが外に出ることにより、カリッとした食感が生まれているのだそう。まさにミラクルですね。

 新商品の「塩メロンパン」も注目。塩パンとメロンパンをかけあわせたというこの新しいパンも、今後ブレイクしそうで楽しみですね。