トップ4入りに白旗のルーニー、来季のCL出場権は「今季のEL優勝が現実的」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが13日に行われたプレミアリーグ第26節のサンダーランド戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。

▽来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる4位以内まで勝ち点6差のユナイテッド。アウェイで19位と降格圏に沈むサンダーランドと対戦した。開始早々に先制を許すも、39分にフランス代表FWアントニー・マルシャルのゴールで同点とする。しかし82分に決勝点を奪われ、格下相手にまさかの黒星を喫した。

▽ルーニーはサンダーランド戦を振り返り「多くのチャンスを作り出すことができなかったね。攻撃だけでなく守りの部分でもアグレッシブさが足りなかったそれが敗因だ」とコメント。攻守においてアグレッシブさが欠けていたと感じたようだ。

▽この敗戦により、上位陣と勝ち点差を詰めることができずに、トップ4でのフィニッシュが難しくなった。ルーニーも、チャンピオンズリーグの出場権は難しい主張。しかしヨーロッパリーグで優勝することで、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得することは可能性があるとしている。

「これでチャンピオンズリーグの出場権は難しくなってしまった。それはチームの誰もが理解している。リーグ戦の今後がどうなるかは誰にもわからない。それでもトップ4に食い込むことは難しくなってしまった」

「来季の出場権を獲得するために一番可能性が高いのは、今季のヨーロッパリーグを制することだ。まだまだ先はながいけれどね」