川崎簡易宿泊所の火災で「見解の相違」 消防と県警がいがみ合い

ざっくり言うと

  • 2015年5月に川崎市の簡易宿泊所で火災が発生して11人が死亡した事件
  • 消防局は12日に放火と発表するも、県警は同日に「証拠がないと」と反論した
  • 警察は消防を下に見る傾向が強く、縄張り争いもあると関係者は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング