日中対立は「甚大なリスク」…米国が尖閣問題で強い危機感抱いていた

ざっくり言うと

  • 尖閣問題で日中関係が悪化した際、米国は「甚大なリスク」があるとしていた
  • 13日、キャンベル氏が特使団の派遣をクリントン氏に進言していたと分かった
  • 日中対立が不測の事態を招きかねないと、米国は強い危機感を抱いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング