9日、中国の掲示板サイトに、「なぜ中国には京都のような都市がないのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は京都。

写真拡大

2016年月2月9日、中国の掲示板サイトに、「なぜ中国には京都のような都市がないのか」と題するスレッドが立った。

スレ主は、京都は世界的な観光地で関係するランキングでもたびたび1位になっているとし、「京都は本当に美しい」と感想を述べた。その上で、「中国に京都のような都市があるだろうか?思いつくのは西安だが、ため息しか出ない」と述べている。ちなみに西安はかつて長安と呼ばれた古都で、西周から秦、唐など幾つもの王朝の都として繁栄してきた歴史ある都市だ。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ほとんどが壊されちゃったからな」
「中国はきちんとした保存ができていない。多くの古代建築物が残っていない」

「巨大な利益を前にすれば、万里の長城だって壊してしまう」
「お金のために開発業者に売って取り壊す。欧米に倣って現代化した建設物を作るが、自分たちの伝統を忘れてしまったんだ」

「多くの中国人は古代建築物を保存するという事を知らない。高層ビルこそ富の象徴だと思っている」
「日本だって本当に残っているのはわずかだよ。ほとんどが再建したものだ。中国の映画村の建築物はなかなかよくできている」

「国民党の焦土政策と、日本軍の爆撃でどれほど破壊されたか分からないが、文化大革命での破壊が最も多い。そして今でも都市計画で破壊されている」
「なぜなら京都には中国人があまりいないからだよ」(翻訳・編集/山中)