レーティング:サンダーランド 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、敵地スタジアム・オブ・ライトで開催されたプレミアリーグ第26節でサンダーランドと対戦し、1-2で敗戦した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽サンダーランド採点

GK

25 マノーネ 5.0

失点場面は同情の余地も飛び出しの判断やキャッチングに難があった

DF

24 イェドリン 5.0

前半は対面のマルシャルに翻弄されたが、後半は果敢な持ち上がりで攻撃のアクセントに

23 L・コネ 6.5

決勝点に繫がるヘディングシュートを記録。守備では対人プレーで強さを見せた

16 オシェイ 6.5

ベテランらしい落ち着いたプレーで味方を鼓舞

3 ファン・アーンホールト 5.5

守備ではハズリとの連係がいまひとつ。攻撃ではまずまず持ち味を出した

MF

10 ヌンドイェ 5.5

献身的に守備に戻り、後半は攻撃の起点となった

6 カッターモール 6.0

出足鋭く相手に寄せてミスを誘発

(→トイヴォネン -)

27 キルヒホフ -

前半序盤にハムストリングを痛めて負傷交代

(→ロッドウェル 5.5)

球際で身体を張っていたが、もっと攻撃に絡みたい

21 エムビラ 6.0

キルヒホフ交代以降はアンカーでプレー。読みの利いたインターセプトを披露

22 ハズリ 6.5

今冬にボルドーから加入のチュニジア代表。やや幸運な形から移籍後初ゴール

FW

18 デフォー 5.5

ボックス内で一定の仕事を見せたが、なかなかボールが来なかった

(→ボリーニ 5.5)

鋭い仕掛けから決勝点に繫がるCKを獲得

監督

アラダイス 6.0

試合の要所をきっちり抑えて格上相手に見事な勝利

▽マンチェスター・ユナイテッド採点

GK

1 デ・ヘア 5.0

ビッグセーブもあったが、微妙な対応で2失点に絡んだ

DF

36 ダルミアン 5.0

自身の与えたFKが失点に。不用意なボールロストもあった中で肩を痛めて負傷交代

(→ラブ 5.5)

トップチームデビューとなったU-21スコットランド代表。デビュー戦のわりに落ち着いていた

12 スモーリング 5.0

集中力を欠く場面が散見し、守備を締め切れなかった

17 ブリント 5.5

積極的にビルドアップに絡んだ。守備でも粘り強かった

43 ボースウィック=ジャクソン 5.5

繋ぎの場面で怪しいところもあったが、攻守に及第点の出来

MF

35 リンガード 5.0

なかなか攻撃に絡めず、消えていた時間が長かった

(→デパイ 5.0)

仕掛ける姿勢は見せたが、流れを好転させられず

28 シュナイデルラン 5.5

最低限の仕事はこなしたが、攻撃面でもの足りない

(→W・キーン -)

8 マタ 5.5

同点ゴールに繫がった場面など、シュート意識が高かった

16 キャリック 5.5

序盤はパスミスやボールロストが目立ったが、徐々に盛り返した

9 マルシャル 6.0

貴重な同点弾を記録するなど、孤軍奮闘。後半は右サイドに移って沈黙

FW

10 ルーニー 5.5

前線で一定の基準点となった

監督

ファン・ハール 5.0

デパイ投入でマルシャルの存在感が薄れるなど、微妙な采配で痛恨の敗戦

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ハズリ(サンダーランド)

▽正確なプレースキックで2点に絡むなど、ユナイテッド撃破に大きく貢献。ファン・アールホルトと組む左サイドは、連係がさらに深まればチームのストロングポイントになるはず。

サンダーランド 2-1 マンチェスター・ユナイテッド

【サンダーランド】

ハズリ(前3)

OG(後37)

【マンチェスター・ユナイテッド】

マルシャル(前39)