12日、中国版ツイッター・微博で、日本人が中国人旅行客を歓迎する真の理由について分析する投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年2月12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本人が中国人旅行客を歓迎する真の理由について分析する投稿があった。

投稿者は、日本ではどこでも中国人旅行客を歓迎する理由として、爆買いして経済を引き上げてくれるからというだけではなく、「お客様は神様」という鉄則が市民から公務員まで行きわたっているからだと主張。特に公務員は「何の価値ある物も生産せず税金で養われている」と政府が常々教えているからだと論じた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「古代中国は日本にあり」
「日本人は中国人に対して友好的だよね」
「日本の第3次産業のクオリティーは間違いなく世界一」

「あれはただの礼儀だ。経済発展すれば衣食足りて自然と寛容になるもの」
「日本人はどの国の人に対しても同じだよ。ただ日本へ行く中国人が多いというだけのことだ」

「確かに中国人の民度は日本人と比べようがない。でも中国も文明的な方向へと進んでいるとは思う」
「これは中国の公務員が読むべき文章だ。税金を受け取っているのだから人民のためにサービスをするべき」

「でも確かに中国人には礼儀というものがない」
「世界で最も日本を憎んでいるのが中国人。でも中国人が温かいサービスともてなしを楽しむことができるのが日本。これは教育の違いだ」(翻訳・編集/山中)