セックスのとき、幸せな気持ちを上手に伝えて彼との親密度をアップ!

写真拡大

彼とベッドにいるときに、“あなたとこうしていられることが嬉しい”という気持ちを伝えられると、より親密度が高まるはず。でも、いつも同じセリフを繰り返していると、ただの義理や口癖と思われるかも…そんな不安を解消するため、幸せなラブライフを提唱するOLIVIAさんに、アドバイスしてもらった。

「好き」や「気持ちいい」、「幸せ」といった短い言葉は、繰り返し使うことで相手の気分を盛り上げることができるので、積極的に使って問題がないそう。むしろ、何度も言うことで、心からそう思っていると印象づけることができるとか。

「特に男性はセックスの最中には、感覚と行為に没頭して会話は二の次となる傾向があります。そのため、シンプルな言葉を使うほうが効果的です」(同)

言葉を尽くして気持ちを伝えるのなら、セックス後がおすすめのタイミング。自信がない人は、日頃から恋愛小説や映画をチェックして、「いいな」と思う表現を自分の中にストックしておくといいそう。ただし、あまりにも有名な作品から拝借すると、ネタ元がバレて恥ずかしい思いをする可能性もあるので、要注意!

「また、過去に自分が言われて嬉しかった言葉があったら、それを使ったり、『あなたの気遣いのこんなポイントに幸せを感じる』など、セックス中の具体的な行為をふたりで反芻するのも彼の気分を盛り上げるのに役立ちます」(同)

体も心も解放され、満たされた気持ちの中で交わす言葉は、ふたりだけの宝物。愛情バロメーターを引き上げる栄養剤として、気持ちを言葉で伝えて。

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。