生活を彩る雑貨文化!東京ミッドタウン・ガーデンの21_21デザインサイトで「雑貨展」

写真拡大 (全3枚)

さまざまな生活のシーンを彩るものを「雑貨」と呼ぶけれど、昔は生活に必要な道具だけを差す言葉だったとか。そんな「雑貨」をめぐる日本の環境や感性を、世界的にもユニークな文化としてとらえた展覧会が開かれる。

2016年2月26日(金)から6月5日(日)まで、「東京ミッドタウン・ガーデン」内にある「21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)」では、企画展「雑貨展」を開催する。「雑貨」の世界の広がりに着目したこの展覧会では、「雑貨と生活史年表」やユーモアあふれる「雑種プロダクト」など、モノの持つ魅力を体感できるようなテーマで会場を構成しているそう。

プロダクトデザイナーの深澤直人さんがディレクションを手がける本展は、自然素材を中心とした生活道具をあつかう荒物問屋の松野屋や、暮らしをデザインの視点で見つめ直す「D&DEPARTMENT(ディーアンドデパートメント)」などが各テーマで参加する。

そのほか、スタイリストの岡尾美代子さんや生活雑貨店「OUTBOUND(アウトバウンド)」オーナーの小林和人さんらが出展者として参加する「出展者の雑貨」という展示も。

「こちらでは出展者が、雑貨に対するそれぞれの考察を自由に提示します。選んだ雑貨や展示スタイルなどから、彼らの世界観を感じ取っていただければ」と、広報担当の岡田さん。

写真は、デザイナー・藤城成貴さんの「雑貨とデザインの考察」をテーマにしたコーナー。ここでは、何気ない雑貨の、成り立ちまでのストーリーを考えさせてくれるそう。

明治時代の行商人のスタイルを現代の日用品で再現する「荒物行商インスタレーション」は、荒物問屋の松野屋と、ストーリー性のある雑貨デザインが人気の「studio note(スタジオノート)」を主宰する寺山紀彦さんがコラボレーションした展示で、見る人が展示に参加することもできるそう。

「現代の日用品を積んだカートは、人が立てるようになっているので、手すりの部分に手をかけてカートを引く姿で記念写真を撮ることもできますよ」(同)

写真のような明治時代の行商アイテムを、現代のデザイン雑貨と比較してみるのもおもしろい。


2月28日(日)には14時から、オランダ出身のアートユニット「WE MAKE CARPETS(ウィ・メイク・カーペット)」の3人によるトークイベント「WE MAKE CARPETS, the making of -ZAKKAからCARPETへ-」が行われる。定員50名で、2月12日(金)からHPで申し込みを受け付けるそう。

「彼らは、ざまざまなオブジェで作品(カーペット)を制作している作家です。今回も、本展に合わせて来日し、日本の雑貨マーケットをリサーチして、オリジナルのカーペットを制作します」(同)

本展に合わせてリニュアールした1階のショップスペースには、展示作品や参加作家に関連した雑貨が購入できる「雑貨店」ができるほか、期間限定のポップアップショップも登場するそう。雑貨好きの女子は見逃さずに覗いてみて。

画像 上:藤城成貴「雑貨とデザインの考察」
画像 中:松野屋+寺山紀彦 (studio note)「荒物行商インスタレーション」(画像: 荷車を引く行商 <横浜開港資料館所蔵>)
画像 下:WE MAKE CARPETS「Peg Carpet」(Photo: Bollmann/参考画像)