旧正月連休の出入境者数、100万人を突破  前年比12万人増加/台湾

写真拡大

(桃園空港 13日 中央社)旧正月(春節)連休期間の6日から12日までの出入境者数は、前年同期より約12万人増加し、109万3968人に達した。内政部移民署が13日、発表した。空港別では、桃園空港が83万2622人で、全体の約76%を占めた。

1日あたりの出入境者数は、12日には17万821人となり、過去最高を記録した。昨年同期の出入境者数は97万3005人だった。

(邱俊欽/編集:名切千絵)