11日、日本メディアによると、大阪市教育委員会は9日、市立の小中高校の運動会で行われてきた組体操の一部の技を禁止することを決めた。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は大阪市。

写真拡大

2016年2月11日、日本メディアによると、大阪市教育委員会は9日、市立の小中高校の運動会で行われてきた組体操の一部の技を禁止することを決めた。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

組体操をめぐっては、運動会や練習中に落下して骨折するなどの事故が相次いでおり、危険性が問題視されていた。大阪市では昨年、組体操の技の「ピラミッド」の段数を制限するルールを設けていたが、それ以降も事故が発生していた。市教委は9日、「タワー」と「ピラミッド」の技を4月から禁止することを決めた。

日本のニュースを扱う英語のニュースサイトでも報じられたこのニュースに、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

「大阪だけなのか?」

「こんなばかげた『伝統』は禁止すべきだよ。次はムカデ競争だ」

「賛成だ。時代遅れだよ」

「理にかなった決断だ。大阪市よ、よくやった」

「私は組体操を見るのが好きだ。子供たちも楽しんでやっている。安全に行うことが必要だ。高いタワーは安全ではないね」(翻訳・編集/蘆田)