岩谷産業は、空港施設に隣接した水素ステーションとしては日本初となる「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」の開所式を1月29日に行いました。同社はこれまでに、全国12ヵ所の水素ステーションを開所しており、今回の開所で13ヵ所目となります。

「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」は、新関西国際空港が推進している「水素グリッドプロジェクト」のひとつとして計画が進められていたもので、空港内の水素ステーションであることから、翼をイメージしたキャノピー形の屋根を採用し、斬新なデザインになっています。

img05a

水素は、同社の液化水素製造拠点であるハイドロエッジ社(大阪府堺市)からローリーで輸送し供給する「オフサイト方式」を採用しています。ドイツ・Linde社製水素圧縮機などを備えており、水素の供給能力は、1時間にFCV6台を満タンにするのに相当する300Nm3/hを有しています。

img08a

同ステーションには、大型のデジタルサイネージを設置したイベントスペースが併設されており、今後は、セミナーや見学会など、水素エネルギー社会の啓発活動を行う場として積極的に活用する、ということです。

img06aimg04a

関西国際空港では、このほかにも、環境省の実証事業として、2015年2月より国際貨物エリア内にて燃料電池フォークリフトおよび水素供給設備の実証試験が実施されており、同社は水素供給設備と水素供給を担当しています。

img07aimg03a

最近、LCCの増便で活況を見せている関西国際空港で同ステーションがどのように活用されるのか、に注目が集まっています。

(山内 博・画像出典:岩谷産業)

岩谷産業、日本初の空港内水素ステーションを開所。イベントスペースも併設(http://clicccar.com/2016/02/13/353191/)