11日のロンドン外国為替市場で一時1ドル=110円台後半に上昇し、日銀が追加金融緩和に踏み切った2014年10月31日以来の高値を付けた。東証株価が1万5000円の攻防となるのは必至で、アベノミクスは「風前の灯」の危機に直面している。写真は日本銀行。Record China

日銀の中曽宏副総裁 マイナス金利を「さらに下げることも可能」

ざっくり言うと

  • 日銀の中曽宏副総裁が12日、マイナス金利政策について言及した
  • アメリカでの講演で「さらに引き下げることも技術的にできる」と発言
  • ただし「当面はどんな影響が出るか、注意深く見守りたい」と強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング