<AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ 2日目◇12日◇ペブルビーチ・ゴルフリンクス>
 カルフォルニア州にあるぺブルビーチ・ゴルフリンクスを含む3コースを使い開催されている『AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ』。日本勢で唯一出場している岩田寛は初日、首位と3打差の12位タイと好発進。迎えた2日目でも、1イーグル・6バーディ・2ボギーの“66”でラウンド、スコアをトータル11アンダーまで伸ばし、韓国のカン・スンホンと並び首位に立った。
 この日、岩田はぺブルビーチゴルフリンクスをラウンド。1番からスタートすると2番パー5であわやチップインイーグルというアプローチで幸先よくバーディを先行させる。その後4番バーディのあと6番(パー5)では2オンに成功し、イーグルを奪取。さらに7番、9番でも伸ばし前半では“30”をマーク。トータル11アンダーに伸ばし首位に並んだ。
 後半に入ると10番でバーディを奪い一時単独首位に躍り出るが11番、14番で立て続けにボギーを叩き後退。それでも16番で8mのバーディパットをねじ込み首位に再浮上し、2日目を終えた。
 先週は大学の後輩・松山英樹がツアー2勝目を挙げ、日本のゴルフファンに朗報を届けた。今週は先輩の岩田が活躍。2週連続日本人Vにも期待したいところだ。
 岩田ら首位と1打差のトータル10アンダー3位タイにはフィル・ミケルソン(米国)、フレデリック・ヤコブソン(スウェーデン)、チェズ・リアビ(米国)の3人が並び、続くトータル9アンダー6位にジャスティン・ローズ(イングランド)がつけた。また、初日65位タイと出遅れた世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)だったが2日目では“69”でまとめ、トータル3アンダーの36位タイまで順位を上げた。
【2日目の結果】
1位T:岩田寛(-11)
1位T:カン・スンホン(-11)
3位T:フィル・ミケルソン(-10)
3位T:フレデリック・ヤコブソン(-10)
3位T:チェズ・リアビ(-10)
6位:ジャスティン・ローズ(-9)
7位T:マーク・ハバード(-8)
7位T:ロベルト・カストロ(-8)
7位T:ジム・ハーマン(-8)
10位T:ヨナス・ブリクスト(-7)他
13位T:ジェイソン・デイ(-6)他
36位T:ジョーダン・スピース(-3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>