東北大学は、物質・材料研究機構と共同で、貴金属や希土類元素を一切使わない高性能排ガス触媒を開発した、と発表しました。新開発の触媒は「ナノポーラスNiCuMnO金属複合化合物」という物質です。

東北大学の藤田武志准教授は、科学技術振興機構 (JST) の戦略的創造研究推進事業で、物質・材料研究機構の阿部英樹主幹研究員と共同で、貴金属(レアメタル)や希土類元素(レアアース)を一切使わない高性能排ガス触媒、ナノポーラスNiCuMnO金属複合化合物の開発に成功しました。

0003b

これまで、自動車用排ガス触媒にはプラチナなどのレアアースの酸化物が使用されていましたが、レアアースは市場の価格変動が大きいことなどから、レアアースを使わない排ガス触媒の開発が求められていました。

藤田准教授らは、銅・ニッケル・マンガンの合金からマンガンを選択して腐食させることで、ナノポーラスNiCuMnO金属複合化合物を開発しました。

0004a0004b

新物質の開発過程で、排ガスの成分である一酸化炭素(CO)や一酸化窒素(NO)の除去反応として知られるCO酸化・NO還元反応に活性であり、長時間の高温使用にも耐えられる特有のナノ構造になっていることが明らかになりました。

0005a

また、世界で初めてNO還元反応の様子を透過電子顕微鏡によってその場観察することにも成功し、その特有のナノ構造が触媒反応によって引き起こされることを突き止めました。

0005b

新開発の触媒は、合金粉末を酸に漬けるだけで作製できるため、大量生産が可能で、自動車用排ガス処理装置のコストダウンに大きく寄与することが期待できます。

(山内 博・画像出展:科学技術振興機構 (JST))

東北大学、貴金属やレアアースを使わない高性能排ガス触媒の共同開発に成功(http://clicccar.com/2016/02/13/353070/)