スター・ウォーズ8と9撮影開始、フィン役ボイエガが喜びツイート。

写真拡大

「スター・ウォーズ:エピソード8」の撮影がスタートしたようだ。撮影チームのスケジュールの関係で撮影開始が遅れていると報じられていたが、ついに始動したとディズニーが発表した。

再び同作品に登場する、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でフィン役を演じたジョン・ボイエガは自身のツイッターに「撮影現場のみんなのために僕のハン・ソロのフィギアを取り出すときがきたよ。我慢できないね」と撮影がスタートしたことへの喜びを綴っている。

また、ディズニーのボブ・アイガーCEOは「エピソード8」の撮影がスタートしたことに加え、「エピソード9」の製作も開始したことを発表し「良い作品を作るためにこのシリーズを未来に向けて全速前進させるのが一番です。新たな伝説の物語『スター・ウォーズ:エピソード8』の撮影がたった今スタートし、この作品は2017年12月公開予定です。また2019年公開予定のエピソード9に向けても製作がスタートしました」とコメントしている。

当初のスケジュールでは来年5月に公開予定となっていた「エピソード8」。しかし、世界興行収入20億ドル(約2250億円)をたたき出している現在大ヒット公開中の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に次ぐヒット作になることを願い、同年12月に公開予定日を延期することが発表されている。

なお、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、レイ役のデイジー・リドリー、キャプテン・ファズマ役のグェンドリン・クリスティー、悪役カイロ・レン役のアダム・ドライバーも「エピソード8」に再び登場する予定だ。

さらにアイガー氏は「スター・ウォーズ」スピンオフ作品「ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー」の製作が大詰めを迎えており、新たなスピンオフ作品に向けて動き出す計画であることも明らかにした。

「『ローグ・ワン』の撮影も事実上ほぼ終わっていて、今までの撮影を見てきたところ、私たちはその作品がすごく良いものだと思っています。これははじめての単独ストーリー作品となっていて、私たちはすでに2018年5月公開予定の次のスピンオフ作品に向けて動き出しているところです」

「GODZILLA ゴジラ」のメガホンを取ったギャレス・エドワーズ監督が「ローグ・ワン」の監督を務めており、同作品は12月16日公開予定となっている。