【トリビア】米ディズニーランド内にはスタバがある! アナハイム「ディズニーランド・リゾート」2店舗 徹底ガイド

写真拡大

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムには、世界で最初のディズニーパーク「ディズニーランド」があります。

【写真10枚】3匹のこぶたがオーナー 本家ディズニーランドの「スターバックス」フォトギャラリー

ディズニーランドの隣には、2001年に開園した「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」があります。

実は、この2つのパークの中に、それぞれスターバックスが運営しているカフェがあるのです。

ディズニーランド内「マーケット・ハウス」

それでは、ディズニーランドから見ていくことにしましょう。

タウンスクエアから、城を目指してメインストリートを進んでいくと、右側にあるのが「マーケット・ハウス」です。

日本のスターバックスと同じように、コーヒーやフラペチーノなどのメニューを楽しむことができます。

また、ショーケースにはクッキーやマフィン、ケーキなども並んでおり、こちらもレジで注文することができます。

レジ前にはペットボトルや紙パックの飲み物も並んでいますので、コーヒーを飲むついでに水分補給用の水を買うのもいいですね。

なお、マーケット・ハウスの店内では、飲食するスペースがかなり限られています。

外にあるベンチで飲んだり、歩きながら飲んだりしている方が多いですね。

「カリフォルニア・アドベンチャー」内 “三匹のこぶたカフェ” が実はスタバ

それでは、次にディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーを見ていきましょう。

エントランスからメインストリートを進んでいくと、大きな白い塔「カーセイ・サークル・レストラン」が見えてきます。

このレストラン前の広場に面しているのが、「フィドラー・フィファー&プラクティカル・カフェ」です。

このカフェの名前は、ディズニー映画『3匹のこぶた』(1933年)に登場する、ブタの3兄弟の名前から取られています。

こちらはディズニーランドの「マーケット・ハウス」とは違って、店内は広く、飲食するスペースがたくさんあります。

レジ前には、ボトルに入った飲み物に加えて、フルーツなども並べられています。

米スタバ、日本との違いは?

日本では、もうスターバックスはおなじみの存在になっていると思います。

パークの中にあるスターバックスでは、基本的に日本のスターバックスと同じものを取り扱っています。

もちろん、アメリカでしか取り扱っていないメニューもありますよ。

サイズは日本と同じトール・グランデ・ヴェンティに加えて、916mLのトレンタまで用意されています。

店頭のメニューには、一番小さいサイズのショートが書かれていないのですが、注文することはできますよ。

「でも、英語で注文するのは不安」という方もいると思います。

日本のスターバックスとは違って、レジのところに紙のメニューは置かれていません。

しかし、店員さんに「May I have a menu, please?(メニューを見せてください)」とお願いすると、紙のメニューを出してくれます。

それを見ながら指をさして注文すれば、間違えることはありませんね。

フィドラー・フィファー&プラクティカル・カフェでは、ラックに紙のメニューが用意されていることもあります。

レジで注文内容を伝えると、店員さんから「お名前を教えてください」と言われます。

実はアメリカのスターバックスでは、飲み物が出来上がると、名前で呼んでくれるのです。

日本の名前は店員さんにとってなじみが薄いですので、アメリカ人っぽい名前を伝えるのもアリだと思います。

オリジナルグッズも要チェック!

さて、ディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにあるスターバックスのカフェ。

実はこの2つのカフェには、ここでしか売られていないグッズがあるのです。

北米のスターバックスでは、それぞれの地域の風景が描かれた、ご当地マグカップ「You Are Here Collection」が販売されています。

ディズニーランドとカリフォルニア・アドベンチャーでも、オリジナルデザインのマグカップが売られています。

大人気のスターバックスのグッズですので、お土産にも最適ですね。値段は14.95ドル(税別)になっています。

ただし、注意したいのがサイズ。日本のマグカップと違って、かなり大きめのサイズになっています。

マグカップに加えて、冷たい飲み物用のプラスチック製のカップや、陶器製のタンブラーなども販売されています。

なお、陶器製のタンブラーはかなり割れやすいですので、持ち運びには注意が必要ですね。

ちなみに、ホリデーシーズンになると、クリスマスツリーに飾るオーナメントも販売されます。

こちらはマグカップを小さくしたサイズで、とてもかわいらしいですよ。

パークに行ったら、スターバックスも!

アメリカ・カリフォルニアの2つのパークに加えて、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドにある4つのテーマパークにも、スターバックスのカフェがオープンしています。

日本でもおなじみのメニューを、アメリカのディズニーパークでも楽しめるのはいいですよね。

もちろん、ここだけでしか手に入らないグッズも、ぜひ押さえておきたいところです。

アメリカのディズニーパークへ行ったら、スターバックスのカフェも訪れてみてはいかがでしょうか。