12日、露通信社スプートニクによると、1月の中国企業による海外での合併・買収(M&A)件数が82件、730億ドル(約8兆2117億円)に達した。写真はハイアール。

写真拡大

2016年2月12日、露通信社スプートニクによると、1月の中国企業による海外での合併・買収(M&A)件数が82件、730億ドル(約8兆2117億円)に達した。金額では前年同月の10倍以上に達しており、今後も買収は増加するとみられれる。参考消息網が伝えた。

年明けには中国家電大手の海爾集団(ハイアールグループ)が米ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電事業を買収。中国の不動産大手、大連万達集団は12日、米映画製作会社のレジェンダリー・エンターテインメントの買収を発表した。中国の国有企業、中国化工集団が、スイスの農薬大手シンジェンタを買収すると発表。買収額が5兆円を突破したことが世界を驚かせた。さらに、中国の投資家が米シカゴ証券取引所を買収するとの情報も出ている。

今年1月の中国企業による海外での合併・買収(M&A)件数が82件、730億ドル(約8兆2117億円)に達した。前年同月は55件、62億ドル(7000億円)。金額で10倍以上に達している。専門家は「国内経済の成長減速で、中国企業が海外でさらに積極的な攻勢に出ている」としている。(翻訳・編集/大宮)