アメリカ遠征を行っているU-17日本女子代表は12日、『U-17女子NTC招待』の初戦に臨み、5-0で勝利した。前半23分にMF井上陽菜が混戦を押し込み先制。同25分、37分とMF宝田沙織が得点して、一気に突き放す。

 後半35分にはMF菅野奏音が加点。同45分には途中出場のMF蔵田あかりがゴールに流し込んだ。

 JFAによると、楠瀬直木監督は「U-17女子W杯に向けたU-17女子代表としての初の国際試合だった。暑さの中、運動量が上がらずリズム感がなかなか出ない立ち上がりだったが、決定機を確実に決めること、そして主導権を握ることができた」と評価した。

 2得点の宝田は「この試合で個人的に良かったところは、2ゴール3アシストと全部の得点に絡むことができたこと。次のイングランド戦でも点をとってチームのために走りたい」と13日の第2戦イングランド戦に向け、気合を入れ直した。

[先発]

GK:田中桃子

DF:冨田実侑(46分→北村菜々美)、小野奈菜、高平美憂(87分→金平莉紗)、森中陽菜(70分→根津茉琴)

MF:長野風花、菅野奏音、宝田沙織、宮澤ひなた(87分→松田紫野)、井上陽菜(70分→蔵田あかり)

FW:植木理子

[控え]

GK:小暮千晶

DF:牛島理子

FW:遠藤純、三浦晴香