11日、新聞晨報によると、中国上海のインターネットユーザーが中国版ツイッター・微博に投稿した地下鉄車内の写真が物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2016年2月11日、新聞晨報によると、中国上海のインターネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿した地下鉄車内の写真が物議を醸している。

写真には大勢の乗客がいる中、幼い男の子に車内でおしっこをさせる女性の姿が写っており、記事は「地下鉄は公共のスペース。きれいな環境は1人1人の心掛けから」と呼び掛けている。

中国では公共の場でのマナー違反、迷惑行為がたびたび報じられており、昨年12月にはレストランを訪れた女性が店内にあるお椀を子どものおしっこの受け皿として使った様子が監視カメラに記録されていた。また、北京の地下鉄でも今回と同じような問題が起こり、注意を受けた両親はおしっこをちり紙で拭き取るも、ちり紙を床に放置したまま下車している。

子どもを連れた大人の度重なる迷惑行為に対し、ネット上には「こういうのに寛容な考えを示す人もいるけど、実際に自分におしっこがかかっても同じ考えでいられるのかな。トラブルに巻き込まれたことのない人間がきれいごとを言うのは止めてほしい」「どの国にも子どもはいるのに、外国の子どもはところ構わずおしっこをしたりしない。中国の子どもには難しいことなのだろうか?」「どうしてこんなことができるの?」「子どもだからおしっこが我慢できないのは仕方がない。親は紙おむつをはかせておくべきだった」「子は親の背中を見て育つというが…」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)