11日、あるTwitterユーザーが「鳩サブレー」を自作するブログを紹介し、反響を呼んでいる。

「鳩サブレー」とは、鎌倉の豊島屋が明治時代から製造する鳩を形取ったお菓子で、袋入り10枚が1080円で販売されている。

ユーザーが注目したのは、本物の鳩サブレーを目指して、8年間も取り組んでいるブログ「わくわく何でもチャレンジ♪」だ。

このブログをユーザーは「世の中には色んなブログがあるけど、その中でも特に一線を越えてる」と紹介した。 ユーザーは、このブロガーが毎回自作した鳩サブレーを自己採点していることにも触れ、第66弾とした最新の記事では「95点をたたき出してます」と進歩している様子も伝えた。

この投稿は、12日18時の時点で、2万4000件以上のリツイートと、2万3000件以上の「いいね」を集め、インターネット上で話題となっている。

【関連記事】
バレンタインデーのチョコを求める貼り紙に反響「受験するのに糖分が必要」
「ワケアリ商品」とある自動販売機 購入して出てきた意外な商品とは?
盗難被害にあったTwitterユーザー 犯人の身元を明かせない少年法に不満