【節約おしゃレシピ1(動画付き)】材料のカットひとつで光熱費と時間もカット♪ 酒粕で作るシチューとポテトサラダ

写真拡大

「彼にごはんを作ろう!」と思った時、何を意識して作りますか。豪勢に見栄えよく作りたいけど、お金がかかりすぎちゃうのも困るのが乙女心……自分一人のごはんだったら、おにぎり一個とお味噌汁で済んでも、誰かにごはんを作るとなった場合、そうはいきません。今回はちょっとしたポイントで光熱費と時間を節約できる、シチューとサラダの簡単レシピをご紹介します。

材料のカット一つ! 光熱費と時間の節約方法

1人分でも働きながら食事を用意するのは大変ですよね。結婚したら、これが毎日のことになります。それならば、今のうちから覚えておきたいのは、時間の節約! 調理時間の短縮は光熱費の節約につながるので一石二鳥ですね。そこでオススメしたいのは、材料のカット方法です!

今回ご紹介するシチューは野菜を全て薄切りにし、お肉も豚肉の薄切りを使用します。豚肉はスーパーでも安く手に入りやすい食材。シチューなどの煮込み料理でもすぐに火が通るので、短時間で作ることができます。また、ルーに酒粕を入れて手作りすることで、栄養価もアップ。彼の栄養面のサポートもできるのは嬉しいですね。

●酒粕シチュー

〈材料/2人分〉
★酒粕:50g
★小麦粉:30g
★オリーブオイル:大さじ1
★塩:小さじ1
・ 豚肉薄切り:100g
・ニンジン:1/2本 (いちょう切り)
・玉ねぎ:1/2個(薄切り)
・カボチャ:50g(薄切り)
・しめじ:70g(石づきを取っておく)
・ほうれん草:2束(茹でて3cmくらいの幅に切る)
・水:600cc
・豆乳60cc
・塩:小さじ1/2〜
・コショウ:少々

〈作り方〉
1.野菜と豚肉を食べやすい大きさにカットする。
2.★を全てフードプロセッサーにかけ撹拌し、ルーを作る。
3.鍋に油をひき(分量外)、玉ねぎがしんなりするまで炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、豚肉、ニンジン、カボチャを加え軽く炒める。
4.全体的に油が回ったら弱火にし、2のルーを加え、焦がさないように1分程炒める。
5.4に少しずつ水を加え、とろみをつける。煮たってきたら、ほうれん草、しめじを加え煮込む。
6.野菜に火が通ったら豆乳を加え、塩コショウで味を整える。

残った酒粕でもう一品! 酒粕で作るポテトサラダ

シチューに使った残りの酒粕を使って、もう一品オススメしたいのがポテトサラダです! 材料の使い回しも料理の節約には大事なポイント。先程のシチューでもそうですが、酒粕は油と塩を混ぜることで、チーズのようなコクが出ます。マヨネーズを使わなくても、美味しいポテトサラダに仕上がるので、とってもヘルシー! これなら遅い時間に帰宅した彼のおかずにもオススメですよ。

●酒粕で作るヘルシーポテトサラダ

〈材料/2人分〉
・ ジャガイモ:小2個
・ ニンジン:1/4本(ささがきにする)
・ きゅうり:1/2本(2mmぐらいの輪切りにする)
・ シーチキン:1缶
★ 酒粕:小さじ1
★ 味噌:大さじ1
・ 塩コショウ:少々

〈作り方〉
1.★を少量のお湯で溶いておく。
2.ジャガイモは皮をむき、芽を取ったらラップをして電子レンジ500Wで4〜5分程加熱し、熱いうちにマッシュする。
3.ニンジンをささがきにしたらラップをして1分半加熱する。
4.2のジャガイモに、3のニンジン、油をきったシーチキンを加え、よく混ぜる。
5.4に1を加えよく混ぜる。
6.最後にきゅうりを加え、よく混ぜ合わせたら、塩コショウで味を整えて完成!

寒さも厳しいこの季節は、熱々のシチューで体の中から温まれば暖房費の節約にも繋がります。栄養満点のシチューで風邪をひかずこの冬を乗り越えたいですね。

材料費 594円、光熱費 10円

今回の2品にかかったお金はなんとわずか604円! 作り方など動画で公開中です。あなたもぜひ試してみてはいかがですか?

彼に作ってあげたい、節約おしゃれレシピ(連載第1回)
https://youtu.be/g3mR7d6gNpk

(須賀いづみ)