2016年のF1シーズン開幕が1ヶ月後に迫ってきた。昨年、日本のみならず世界中のファンを大いに失望させたマクラーレン・ホンダは、今年どんな戦いを見せてくれるのだろうか。表彰台、そして勝利への道筋は見えているのだろうか?

 それを解き明かすためには、彼らが厳しい戦いを強いられた昨年の「敗因」をどう見極め、それにどう「対策」し、来たるべきシーズンにどのような「目標」を掲げているのかを知らなければならない。新車MP4-31の完成を目前に控え、最終開発に追われるホンダのF1プロジェクト総責任者・新井康久氏に「マクラーレン・ホンダの今」を聞いた。

 2015年の開幕前、新井総責任者は、「ジグソーパズルに素晴らしい絵は描けている。ただ、まだいくつか足りないピースがある」と話していた。結果的にマクラーレン・ホンダは予選で一度もQ3(※)に進出することすらできず、ランキング9位という惨敗に終わった。あのころの彼らが描いていたのは、どんな絵だったのか――。

※予選はQ1〜Q3まであり、出走台数が20台の場合、Q2に残るのは上位15台、Q3は上位10台。

「Q3どころではなく、もっと上のほうでよい戦いができると思っていましたし、私もいろんな話をするなかで、たしかに、『開幕戦ではよいところに行きたい』と話していました」

 しかし、開幕前のテストが始まった時点ですでに、その絵を完成させるのが難しいことは明らかになりつつあった。

「開幕前のテストをやっている時点で、毎日険しい顔をしていましたよね?(苦笑)」

 新井総責任者がそう語るように、足りないピースは開幕前から予想以上に多く、手に入れるのも困難なものだった。その足りないピースが、彼らの2015年の「敗因」になった。

「シーズン序盤戦は信頼性と熱の問題が出て、ERS(エネルギー回生システム)のシステム自体をかなり制限しなければなりませんでした。外観上はまったく変わっていないけど、見えないところではすごくいろんなことをして、それをなんとか収めてようやく落ち着いたのがスペインGPでした」

 信頼性の問題が解決すると、今度はライバルとの性能差がハッキリと見えてきた。MGU-H(※)の発電量が乏しく、回生できるエネルギーの量がライバルメーカーに較べて少なかったのだ。シーズン中盤以降、何度も耳にした、「ディプロイメント不足」の問題だ。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heat/排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

「もちろん、パワー自体も負けていたわけですが、中盤戦以降はディプロイメント不足の問題のほうが大きかった。シーズン前半でそれに気づいた当時は、まだ技術的にも、『これはどうやって直すんだろう?』という段階でした。『もしかしたら、コンセプトが間違っているかもしれない』とさえ考えました。それから(ホンダの四輪モータースポーツ開発拠点)HRD Sakuraでいろいろと研究をして、改良策の感触は掴めましたが、そのころには、『今から開発したのではシーズンが終わってしまう』という段階で、ディプロイメント不足を克服したくても克服できない状況のまま、ずっと戦ってこなければならなかったんです」

 ディプロイメント不足の問題を解決するためには、MGU-Hを中心とした大がかりな改良が必要で、開発と確認に膨大な時間を要する。それゆえにその改良は断念し、2015年後半はICE(内燃機関エンジン)と排気系の改良でエンジン本体の出力向上に努めるしかなかったのだ。

 このように、いくつものピースが欠けた状態では、当初思い描いていたようなジグソーパズルの絵は描けない。それは、至極当然のことだった。

「つまり、最初はERSのピースが全然ダメだったし、エンジン本体のパワーというピースもまだ欠けていた。信頼性というピースはずっと欠けていたし、それからディプロイメントというすごく大きなピースも、欠けているというか、持っていたピースが描いていた絵に対して形の全然違うものだった。ピースの形が違うから(描いた絵に)はめようがない......という状況だったんです」

 加えて車体側も、走り込み不足からくる熟成の遅れは明らかで、細かな空力パーツの改良やセットアップ作業にシーズンの最後まで追われることとなった。

 マクラーレン・ホンダが再始動にあたって掲げた『サイズゼロ』コンセプトの美点は、十分に生かせたどころか、ほとんど形になっていないと言っても過言ではなかった。

 今、マクラーレンとホンダはそれぞれが連携して昨年の「敗因」と向き合い、2016年に向けた「対策」を進めている。2月21日に登場する新車MP4-31は、車体とパワーユニットの両面において、昨年の経験が反映されたものになる。

「技術領域のなかで、『ここは結構追い付いている』とか、『ここはまだまだ差がある』とかということを仕分けしながら、『どこに注力していくべきか』を考えて開発を進めています。今、その残りのピースを2016年に向けて準備しているところですが、今はまだ、『たぶん、この形だよな?』という段階です。問題はそこなんです。実際に走らせてみないと確認はできない。(2月22日からの)バルセロナ合同テストで、それを確認することになります」

 すべての問題が一気に解決し、トップレベルの性能を手にすることができるかというと、F1はそんなに甘い世界ではない。自分たちが開発を進めるのと同じように、ライバルたちも開発努力をしているからだ。追い付くためには、ライバル以上の前進が必要だ。

「問題はまだあるし、性能的にもまだまだ足りないですよ。メルセデスAMGがどのあたりにいるかはわかっていますし。『う〜ん、遠いね......』という感じです。2015年を通じて少しずつ詰まってはきましたが、まだまだ全然遠い。彼らだって2016年はさらに進歩してくるわけで、それに対して我々が一足飛びにそこまで行ければいいんですが、そう簡単にできるものでもありません」

 だが、ファンとしては、優勝や表彰台という活躍を期待する。

 その想いをぶつけてみると、マクラーレン・ホンダは2年目のシーズンに向けて、「現実的な目標」を掲げているという。

「ファンのみなさんは、表彰台とか景気のよい話を期待されるかもしれませんが、チーム全体として今はまだ、そこまで考えていません。今は、クルマ全体としてQ3に行けるような実力を手にしたいと思っています。ファンの方々が『つばぜり合いが始まったな』と安心してレースを見ていられるようにするのが、まずは第一歩だと思います。それには、Q3に進出してトップ10グリッドに入ることです」

 つまり今季の彼らが目指すのは、昨年で言うところのレッドブルやフォースインディア。常にトップ10にいて、自分たちに有利な条件が整ったレースでは、巧みな戦略で表彰台争いに絡んでくる。

「そうですね、まずはその人たちとレースをしないとポイントも獲れませんし、ファンのみなさんが期待しているような結果にも手が届かないと思いますから」

 昨年大苦戦を強いられたパワーサーキットでは、どこまで戦えるようになるか――。それは、ライバルとの相関関係でもあるので、フタを開けてみないとわからないという。しかし、昨年すでに好走を見せることができたモナコやハンガリーのような低速サーキットでは、さらなる好結果が期待できると語った。

 そのためにも、まずは序盤戦をしっかりと戦って基礎固めをすることが大切だと、新井総責任者は述べる。

「気持ちとしては、開幕戦からそこを目指しています。しかし、今年は開幕前テストが2回しかありませんし、マシンはこれから最後の仕上げをしていく状況です。ヨーロッパラウンドが始まるころまでに、ある程度の目星をつけられれば、車体面のセットアップも安定してくるでしょうし、シーズンを通して安定したレースができるようになると思います。そういう意味でも、開幕直後のオーストラリア、バーレーン、中国をどう戦うかが極めて重要だと思っています」

 もちろん、マクラーレン・ホンダは優勝やタイトル獲得を最終目標として掲げている。しかし、今すぐにそれを期待するのは夢物語であるということもわかっている。現実的な目標に向かって、まずは目の前の課題に立ち向かう――。それが、彼らの2016年シーズンになりそうだ。

「今年は、白いジグソーパズルにぼんやりと描かれた絵を、ファンのみなさんと共有できればと思います。本当にきちんとした絵が描けるまでには、もう少し時間がかかるかもしれません。ですが、まずはヨーロッパラウンドまでの序盤戦をしっかりと戦って、Q3に進出しトップ10でコンスタントに戦えるようになれば『あぁ、これからこうなっていくのか』ということが見えてくると思います」

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki