11日、香港の警察当局は、オフィスビル内で大量の武器や化学品を押収し、先日モンコックで起きたデモ隊と警官隊の大規模衝突の関連性を含め調べが進められている。写真はモンコックのデモ隊と警官隊の衝突現場。

写真拡大

2016年2月11日、香港の警察当局は、オフィスビル内で大量の武器や化学品を押収し、先日、市内の繁華街モンコック(旺角)で起きたデモ隊と警官隊の大規模衝突の関連性を含め調べが進められている。中国・CRI Onlineが伝えた。

今月8日夜から9日早朝にかけ、モンコックで無認可屋台の取り締まりを発端にデモ隊と警官隊が衝突する事態が発生。デモ隊は激しく抵抗し、警察が威嚇発砲する場面も見られた。当局はこれまでに64人を逮捕し、うち38人を暴動罪で起訴。逮捕者は14〜70歳で、香港大学の大学生や高校生など民主化運動に参加する未成年者も含まれていた。

11日にオフィスビルで押収した品々は、刃物やこん棒、鉄の棒が40点余り、メガホンやモデルガンなどで、男女3人を逮捕。警察は攻撃性のある武器を不当に運用しようとした容疑で3人を逮捕しており、「モンコック衝突事件との関連性は否定できない」とし調べを進めている。(翻訳・編集/内山)