NKアグリ社長・三原洋一さん(右)と日本製粉事業開発部・紙透さち子さん

写真拡大

市販されている一般的なニンジンの色と比べて、赤みが深くて濃い。かじると、口の中に甘い味わいが広がる。NKアグリ(本社・和歌山市)が栽培するニンジン「こいくれない」は、見た目や味の違いに加えて、通常ニンジンには含まれていない「健康成分」も入っている。

商品化に向けた研究開発段階から、NKアグリは日本製粉(本社・東京都渋谷区)と協力体制を組んできた。生鮮野菜としての販売にとどまらず、「こいくれない」を100%使った加工飲料も開発した。

形がきれいにそろっていなくても...

抗酸化作用があるとされ、老化やがんの予防が期待される「リコピン」。トマトに多く含まれる成分として知られるが、「こいくれない」にも豊富だ。ニンジンとしては、極めて珍しい。

「こいくれない」を栽培するNKアグリは、写真処理機器の開発を手掛けるノーリツ鋼機(本社・東京都港区)が、農業分野を担う子会社として2009年11月に設立した。社長の三原洋一さんによると、「人のためになる、体にいいことがある食べ物をつくろう」が会社設立以来最大のミッションだ。以後、野菜の栽培、販売経験を積み重ねるなかで、従来のように形がきれいにそろって規格に合った野菜づくりに固執せず、形よりも栄養価をはじめ「中身」の充実を最優先させて消費者に新しい価値を届けようと取り組みを重ねている。

「こいくれない」は、もともと存在していたニンジンの品種だが、形がそろいにくいため大規模流通していなかった。代わりにリコピンを含む点が、他のニンジンと大きく違う。消費者は高い栄養価を望んでいるはずで需要はあると思われた。だが流通に乗っていなかった。「それなら自分たちでこの品種を徹底研究して、今までのニンジンの流通規格でない(新しい)規格を世に出していこうと考えたのです」(三原さん)。

同じ頃、勉強会に出席する中で日本製粉の研究者と交流が深まり、新たなニンジンの開発について相談した。日本製粉は小麦の研究を長年続けているが、一方で食品分野を広げており、各種素材の成分の研究を進めている。研究者は、三原さんの提案に興味を持った。「ただし当社は食品会社として、成分だけでなく『おいしさ』も重視します。(「こいくれない」の元となった品種の)ニンジンはおいしかったので、『これは商品につながる』と考えました」と、日本製粉事業開発部の紙透さち子さんは当時を振り返る。

飲料は「丸ごと体に取り入れられるものを」

NKアグリでは、「こいくれない」の開発に際して肥料や温度など栽培環境の条件をいろいろと変えながら、各種データを採取した。元の品種が持つ栄養のポテンシャルを最大化して、「食べるといいことがある」ニンジンを目指した。

難しかったのは栽培時期だ。種をまける期間が短いうえに、環境条件が合った場所で育てても収穫できる時期が1か月程度だという。栽培地を全国10道県に広げ、同時にどこで栽培しても等しく高い品質を担保しなければならなかった。そこで5か所の栽培地にセンサーを設置して環境面の情報を継続的に収集。最適な環境条件や、収穫に際して栄養価が最大化する時期を予測できるシステムを構築した。合わせて、各産地の生産者によって種まきのタイミングをずらしてもらうなど連携して出荷期間を延ばすよう工夫した結果、1年のうち6か月は「こいくれない」を供給できる態勢を整えた。

収穫後、日本製粉が品質を分析した。「こいくれない」は、生鮮野菜としてそのまま販売されるか、加工してジュースになる。前者はサイズが比較的小ぶりなものが選ばれる。今日では個食化が進み、ひと家族で1回の調理に使うニンジンは1本で十分だ。大きすぎると、消費者は生のまま使うのを敬遠する傾向にあるという。そこで、大きめのニンジンは加工用として活用される。ただし、栄養価や質の面ではサイズが違っても何も変わらない。

日本製粉では「こいくれない」を使う際、「丸ごと体に取り入れられるものをつくりたい」と考えた。検討の末に出した結論がジュースだった。飲料開発は初めてだったが、これまでの加工食品のノウハウを基に、成分を損なわずにおいしい味わいを追求した。ニンジンの「しぼり汁」ではなく食物繊維を残し、とろみのある「濃恋野菜こいくれない」として、2016年2月中旬に発売予定だ。主に中高年がターゲットだが、働き盛りの年齢層も野菜不足の人は少なくない。子どもも、野菜をおいしく摂取する機会になるとの期待が膨らむ。

生鮮野菜としての「こいくれない」は、ひと足早く2015年10月に販売開始し、今日では30都道府県のスーパーで売られている。三原社長は、「まずは国内での認知アップが目標。ゆくゆくは海外で栽培、販売を目指したい。またニンジンだけでなく品目を増やし、『形でなく栄養』という価値観でつくっている野菜の商品群を確立していけたらと思います」と話した。

「こいくれないはきっかけ」と、三原社長と紙透さんは声をそろえる。将来はニンジンにとどまらず、ユニークな野菜や食品が、両社のタッグで生み出されていきそうだ。