12日、環球時報は、「韓国は中国が反対してもTHAADを配備すると言っている」と題する記事を掲載した。

写真拡大

2016年2月12日、環球時報は、「韓国は中国が反対してもTHAADを配備すると言っている」と題する記事を掲載した。

韓国・聯合ニュースによると、韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は11日の定例記者会見で、「THAAD(※米国が開発した弾道弾迎撃ミサイルシステム)は半径100メートルの外では人体の健康に影響を与えない。中国のためにTHAAD配備地点が変わることはない」と述べた。

北朝鮮が7日に事実上の長距離弾道ミサイルを発射したことを受け、米韓は駐韓米軍基地へのTHAAD配備について協議を行い、京畿道平沢や全羅北道群山、慶尚北道大邱などが候補に挙がっている。韓国メディアの報道では、中国に配慮して慶尚北道に配備する方針だと伝えられている。(翻訳・編集/北田)