「ワルキューレ」写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳聡

写真拡大

国内最大級のクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2016-」が2016年3月16日から4月17日まで開催される。今回で12 回目を迎える同イベントは、桜咲く東京・上野公園を舞台に、春の訪れを音楽で祝う祭典。国内外一流アーティストによる約 130公演のコンサートが、音楽ホールのみならずJR上野駅、カフェ、レストラン、オフィスビルやお花見会場など多様な空間で開かれる。

日伊国交樹立150 周年記念公演で幕開け

音楽祭のオープニングは、東京文化会館での「日伊国交樹立150 周年記念公演」。現代を表する世界的なイタリア人指揮者、リッカルド・ムーティ氏が指揮、両国より集った精鋭メンバーで特別編成されたオーケストラが、音楽祭のはじまりを華々しく飾る。

イベント期間中のコンサート会場となる美術館や博物館などには重要文化財も含まれ、音楽ホールとは異なる荘厳な雰囲気が味わえるなど、この催しならではの楽しみ方ができる。

街頭で気軽に音楽を楽しめるプログラムも用意。「桜街音会」では無料ミニコンサートが楽しめる。

親子連れで楽しめるよう児童や小学生を向けに、絵本と音楽のコンサート「音楽物語《ぞうのババール》」を上演予定。俳優・石黒賢さんによる語りも楽しめる。

チケットなど詳しい内容は、公式ホームページで。