専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第41回

 冬の寒い時期は、みなさん「ゴルフの腕前がなかなか上がらない」と、ぼやいておられるのではないでしょうか。今の時分、練習やラウンドをちょっとサボると"効果てきめん"で、すぐに「100」を叩いてしまいますから。ゴルフは、ほんと手がかかるスポーツというか、趣味ですね。

 私は1月、まったく練習しないで2ラウンドしましたが、そのスコアは「99」と「94」。ひどいものでしょう......。

 ところで、これを「叩いた」と言うべきか、「これぐらいで済んでよかった」と言うべきか?

 正解は、後者のほうですね。

 まず、ドライバーが当たる気がしません。朝イチのティーショットは一か八かの賭けのようなもの。パー4のホールなら、ティーグラウンドから2、3打でグリーン近くまで寄ってくれたらラッキーです。

 そこまで来たら、得意のアプローチとなりますが、芝が枯れてボールが上がらないので転がしとなりますね。それで今回、パットの自己最長距離を達成しました。距離にして、約50ヤード。しかもそのうち、40ヤード以上はフェアウェーでしたか。打ったボールはコロコロと転がって、なんとかグリーンのカラーまでいって、ボギーが取れました。こうやって、未熟な技術を補っての90台でした......。

 さて、練習してもさっぱり上達しないとお嘆きの諸兄、グチることはありません。一生懸命練習して、それがスコアに反映されるのは、だいたい3カ月後と言われています。

 ダイエットと一緒です。「痩せない」とグチるより、現状維持をしていることに感謝しないと。どうせ寒いうちは結果が出ませんから、2月に練習を開始して、多少うまくなるのが5月。絶好のゴルフシーズンに合わせるのがよろしいかと。

 ゴルフは、日頃からやっていないと腕が落ちるスポーツですが、たっぷり練習した翌日でも、結構叩きます。朝、スタート前の練習で調子がよかったりすると、また叩く。逆に、練習場で調子が悪いと、ラウンドではそこそこよかったりします。

 何でこうなるかというと、ゴルフの腕前には連続性がないからです。

 プロの試合を見てもわかるように、4日間好調を維持するのは至難の業です。初日、スコア「64」を出してトップに立ったとしても、大概その選手は優勝しません。ましてやアマチュアなんか、前日の練習で「調子がいい」からと言って、その好調が続く保証はないのです。

 歴史上、最も偉大なプレーヤー、ジャック・ニクラウスの勝率は、全盛期で2割と言われています。つまり、30試合に出場して6勝。年間6勝もしたら、余裕で賞金王になれますね。でも、それだけ強い選手であっても、残り24試合は優勝していないわけです。

 また、優勝したプロゴルファーが、翌週の試合で予選落ちすることはしょっちゅうあります。ほんと、ゴルフは好調を維持させるのが難しいスポーツです。

 そんなゴルフの上達のために、我々はどういう気持ちで精進すればいいのでしょうか。

「2歩前進、1歩後退」ならバンザイです。「1歩前進、2歩後退」も、ままアリです。ゴルフの腕前アップには、"下りのエスカレーターを上るがごとく"の勢いが必要です。

 練習のポイントは、やはりある程度集中しないと、ですね。2年前、私にもすごく叩いた時期があり、どのクラブで打っても、ヒール打ちか、シャンクになってばかりでした。超スランプで、ラウンドすれば「100」叩きのオンパレード。ゴルフ人生"最大の危機"を迎え、必死に練習しました。

 週5回くらい、トータルで10日ぐらいしたでしょうか。まず、叩く原因究明に3日ほどかかりました。素振りをして、残像をチェックすると、アウトサイドにテークバックして、そのままヒールにボールが当たっていました。「これは、あかん」と思いましたよ。

 直し方ですが、私の場合はテークバックを極端なインサイドに引いて、ヒール打ちを撲滅。クラブフェースにシールを貼って、どこにボールが当たっているか、確認しながらやりましたけど。それでやっと、その後のラウンドで、たまに80台が出るまでに復調したのです。

 なぜ自分の話を書いたかというと、やみくもに練習していては上達しないからです。テーマを絞り、曲げないとか、ダフらないとか、引っかけないとか、自分の弱点を具体的に克服しないと。しかも、その対処方法がわかっていないと、練習しても意味がないのです。

 やり方がわからないという方は、迷わずレッスンプロに相談しましょう。お金はかかりますが、そのほうが結果的に安く、短時間で課題が修正でき、うまく仕上げられますよ。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa