コウモリに噛まれた子供12人、狂犬病を発症し死亡 南米ペルー

ざっくり言うと

  • 南米ペルーで、8〜15歳の子供12人がコウモリに噛まれ死亡した
  • 症状と診断結果から、狂犬病に感染していたことが確認されたという
  • 保健当局によると地元住民らは当初、魔術のせいだと信じていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング