左から高台アン役のシャーロット・ケイト・フォックス、高台茂正役の大野拓朗 ©2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 ©森本梢子/集英社

写真拡大

6月4日から全国東宝系で公開される映画『高台家の人々』の追加キャストが発表された。

【特報映像ともっと画像を見る(2枚)】

同作は、『ごくせん』『デカワンコ』などの作品で知られる森本梢子の同名漫画が原作。奇想天外な妄想をすることが趣味の内気なOL・平野木絵と、人の心を読むテレパシー能力を持つエリートサラリーマン・高台光正の恋愛模様が描かれる。これまでに木絵役を綾瀬はるか、高台家の長男・光正役を斎藤工、光正と同じ能力を持つ妹の茂子役を水原希子、弟の和正役を間宮祥太朗が演じることが明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、光正の祖母でイギリス出身の高台アン役を演じるシャーロット・ケイト・フォックス、アンの夫・茂正役の大野拓朗、光正に片想いする獣医・斉藤純役の夏帆、茂子が想いを寄せる大学生・岸本浩平役の坂口健太郎、木絵の上司・脇田実役の塚地武雅。

NHK連続テレビ小説『マッサン』でヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスは、同作で日本映画初出演を果たす。アンは人の心が読めるテレパシー能力を持ち、大恋愛の末に名家である高台家の高台茂正と結婚するという役どころで、シャーロットは20歳から70代までを1人で演じる。

■シャーロット・ケイト・フォックスのコメント
台本を読んだとき、とてもスウィートでハッピーなお話だと思いました。その後、原作漫画も読んだのですが、それでもやはりスウィートなお話だと思いました。
邦画での出演は初めてでしたが、とても貴重な良い経験をさせていただきました。監督をはじめ、クルーの方たちは素敵で親切な方ばかりでした。もちろん共演者の方たちも素晴らしい方たちでとても幸せな現場でした。
私が演じたアンにはテレパシー能力がありますが、その能力を私自身は欲しいとは思わないですし、もし持っていたらまわりに疎まれて孤独になってしまうので大変だと思います。
とはいえ私自身の心は読まれても大丈夫ですよ、良いことしか考えてないですから(笑)

撮影中、70代の役柄も演じたのですが、そのための特殊メイクとそのメイク落としは少し大変でした。それでも、寒い撮影の中でともに年老いた役を演じ、乗り切ってくれた大野さんとの現場は楽しかったです。
共演した綾瀬さんは妖精の様に美しく、とてもスウィートな方でした。英語で沢山話しかけてくれて、お食事へ行こう!と誘っていただき、とても嬉しかったです。

改めてこの映画に出られて本当に光栄でした。また、とても良い経験をさせていただきました。この作品はとてもラブリーでスウィートなお話なのでぜひ皆さんに観ていただきたいです。

■大野拓朗のコメント
共演のシャーロットさんはとてもお茶目な方でした。彼女は雪が降っていた日の空き時間に、ボブという名の雪だるまをはしゃぎながら作っていたのですが、その口と鼻が取れてしまい「ボーブ!」と悲しそうに叫んでいたのがとても可愛らしかったです(笑)
今回演じた高台茂正は、イギリスに留学し、そこでシャーロットさん演じるテレパシー能力を持つアンと出会い恋に落ちるという役柄です。イギリス英会話というものをやったことがなかったので、一から勉強してイギリス英語特有のしゃべり方も身に着けられるように心がけました。

アンが持つテレパシー能力が実際にあったら、最初は楽しいだろうなと思います。でも同時に人の嫌な部分とかも見えてきてしまうんですよね。それは怖いなあ。反対に心を読まれるのも嫌ですし…。(笑)

今作で、茂正とアンの生き方が主人公たちに大きな影響を与えます。台本を読んだときに、そのシーンで自分自身涙してしまいました。そんなステキな役をやらせていただけることがすごく幸せです。とてもあったかくて優しい物語ですので、是非!ご覧いただければと思います。