画像

写真拡大

 日本企業のデータ活用支援を通じた“データ立国ニッポン”の国際競争力の強化を目指し、デジタルインテリジェンスとデータセクションは共同で、日本データ取引所(J-DEX)を設立した。

 デジタルインテリジェンスはデータセクションと共同で、「日本データ取引所」(通称:J-DEX)を設立し、2月12日より営業を開始した。J-DEXは、分野・業界を超えたデータを利活用できるプラットフォームを提供し、日本の企業が持つ情報資産の新たなビジネス活用を支援することで、“データ立国ニッポン”の国際競争力の強化を目指す。

 2016年現在、欧米諸国をはじめとする先進諸国では本格的なIoT/IoEの時代を迎え、ビジネスに活用可能なデータは、加速度的に増え続けている。このような状況下において、日本でもビッグデータの利活用が国家の繁栄に直結するものと捉えられるようになり、2015年10月には、経済産業省と総務省の共同でIoT推進コンソーシアムが設立されるなど、その動きが活発化している。

 このような背景をもとに、2014年4月に、両社はデータエクスチェンジコンソーシアムを設立し、日本におけるビッグデータ活用を推進してきた。同コンソーシアムの取り組みから、ビジネスベースで実現可能なプロジェクトや、新たなイノベーションのアイディアが生み出されている一方で、日本国内における企業によるデータ活用のための課題はいまだに多く見受けられる。これらの課題を解決し、新たなビジネスやイノベーションを推進するために、データエクスチェンジプラットフォームを構築することが重要であると判断し、両社はこの度の日本データ取引所の設立に至った。

MarkeZine編集部[著]